商品カテゴリ一覧 > 完全遮光シリーズ > 99.99%と100%の違いはこんなに!

遮光率99.99%と100%の
違いはこんなに!

「遮光率」という言葉をお聞きになられたことはあるでしょうか。
これは太陽光線を遮断する比率を表していて、最近では遮光率99%や98%という日傘をよく見かけられることと思いますが、実はその遮光率の差には大きな違いがあるのです。
このわずかな光線でアレルギーを起こしてしまう光線過敏症の方がたくさんおられます。
アンチエイジングを考える上で、わずかに思えるこの00.1%の遮光率の大きさに気づいたことがこの日傘や帽子を企画するきっかけになりました。

「10年後の素肌は現在の紫外線を浴びる量にかかっている!」といいます。

そのために折角日傘を差したり帽子をかぶっても、これが思った程の役にも立っていないとなると、なんて残念なことでしょう。
美容と健康との両側面に安心して使える完全遮光日傘のどこが素晴しいかをご紹介します!

どのくらい遮光性があるのかどうか分かりやすく定めた等級が下記のとおりです。

▲当社使用生地の遮光率100%試験報告書はコチラ

この1級遮光の内、同じ1級でも完全遮光に近い1級と2級に近い1級、つまり100%と99.99%ではかなり違いがあり、特に直射日光が当たった場合には大きな違いが出るようです。
よって、1級遮光しかも100%の遮光率のものを完全遮光と呼んでいます。

上記でお分かりのように、 99.99%と100%のわずか0.01%でさえも紫外線カットは大きく異なります!
巷で主流の日傘は98%や99%の遮光率を謳っているものが多いですが、一見普通だと「99%」はほぼ完璧に紫外線をカットするのだと安心してしまいます。
私も数年前までそう思っていました。 光線過敏症の方は、この0.01%の差によってアレルギーを起こされるのです。
ということは、「これで完璧に日に焼けない!」という安心は出来ないということを表しています。

「たかが0.01%・・・されど0.01%」なのです。

現在登録されている商品はありません